元気が出てきた。


花粉症・アレルギーの改善。


生理不順などの改善。


肥満が解消されスリムに


肌がツヤツヤ!


視力がよくなった。


便秘解消!


冷え性が良くなった。

身体の中にはコラーゲンがいっぱい!!


骨と筋肉をつなぐ腱。ここにもコラーゲンがたくさん含まれている。不足するとアキレス腱が切れることも

関節
骨と骨をつないでいる軟骨の50%がコラーゲン。新陳代謝を促すことで関節は強くなる


骨の成分である有機物の80%はコラーゲン。しなやかで丈夫な骨をつくるためにはとても重要

内臓
さまざまな臓器の構成に役立っている。内臓の正しい機能や身 体の中にできた傷の修復を助ける


象牙質、歯肉、歯根膜など歯の周りの組織にもコラーゲンが。丈夫な歯には絶対に欠かせない


爪がつくられる過程で活躍するコラーゲン。
折れやすかったり、デコボコしているなど、爪の状態で満たされているかど うかがわかる

表皮の下にある真皮の約70%がコラーゲンからできている。肌の透明感やうるおいを保っている

頭皮の真皮にあるコラーゲンの働きで、髪はイキイキ。

角膜・網膜・水晶体の主成分はコラーゲン。
目が健康になると視力の改善にもつながる

低分子コラーゲンCとは - 株式会社 プラセス製薬



























































The Power Of Collagen





















































コラーゲンが老化してしまうと…

コラーゲンが衰えると、新陳代謝が滞り、身体のあちこちで老化現象が起こってくる。
シワが増えたり、髪が薄くなったり、足腰が弱くなるのはコラーゲンの新陳代謝が低下した証拠。
若さを保つためにコラーゲンを毎日とろう!



髪は頭皮の表皮が変化したもの。表皮の下にある
真皮のコラーゲンの量が不足すると毛が細くなって
抜け毛も増え、髪の毛が薄くなることに。



 ・カサつき
  新陳代謝が衰えると古いコラーゲンがたまり、
  水分のスペースがなくなって肌はカサカサになってしまう。
 ・シミ・ソバカス
  新陳代謝が盛んだとどんどん新しい細胞がつくられ、
  シミ、ソバカスが沈着するヒマがない。このサイクルが
  遅くなるとシミ、ソバカスが皮膚に居座り、広がってしまう。


骨血 
繊維状のコラーゲンは、丈夫でしなやかな骨のもと。
コラーゲンが古くなって弾力性がなくなると
骨が折れやすくなり、当然、骨髄でつくられる血液も不健康になって貧血になりやすくなる。


  
角膜に含まれるコラーゲンが衰えると、角膜の繊維が
ゆがんだり崩れたりして、透明度が失われ、白内障を
引き起こす。


内臓 
内臓にできた傷の補修にコラーゲンは欠かせない。
不健康な生活で内臓が弱るのを防ぐ。コラーゲンが古くなってこの働きが鈍ると、
胃や肝臓に負担がかかる。


歯  
食に不可欠な歯にもコラーゲンがいっぱい。
不足すると、虫歯や歯肉炎などを引き起こすきっかけになる。
自分の歯を失うと、健康にも大きな支障が出てくる。


関節 
コラーゲンを豊富に含んだ軟骨は、骨同士をつなぐ大切な役割をしている。
コラーゲンが古くなって弾力性をなくした軟骨はやがてつぶれ、骨が変形してしまう関節症を
引き起こす。


血管 
内臓と同様に、血管にできた傷も修復するコラーゲン。
新陳代謝が低下すると、治らない傷にコレステロールなどがたまることに。
すると血管の柔軟性も失われて、動脈硬化や脳出血など恐ろしい病気につながる。



コラーゲンが豊富な食品はコレ!

●骨・皮つき煮物
 肉類では骨つきのスペアリブや鶏ガラなど。 魚は丸ごと買ってきて煮魚にしましょう。

●鶏の唐揚げ
 コラーゲンは油に溶けないので、皮と骨がついた唐揚げなら豊富にとることができます。

●ホルモン焼
 焼肉屋さんでは、臓物をさすホルモン焼。特に皮のついた内臓はコラーゲンが豊富です。

●豚骨ラーメン 
 骨をじっくり煮込むので、コラーゲンのエキスがたっぷり!手作りで薄味にしても○。

●ソーセージ
 最近のソーセージの皮は、ほとんどがコラーゲン。サラミソーセージにも豊富に含まれます。

●豚骨・鶏ガラスープ
 コラーゲンは保存がきくので、まとめて作って冷凍しておけば毎日少しずつ飲めます。

●鍋料理
 肉や魚の骨、肉、内臓が丸ごと煮込める鍋は絶対オススメのコラーゲン料理です。

●グミ 
 ゼラチンでできたグミはコラーゲンそのもの。新陳代謝が促進されるから、おやつにぜひ!

●フカヒレスープ
 特に、姿煮にはコラーゲンが豊富に含まれています。缶詰のものなら手軽に食べられます。

●ゼリー
 ゼラチンはコラーゲンそのものです。市販のゼリーはゼラチンを使ったものを買いましょう。


低分子コラーゲンの特徴

 一般のコラーゲン分子は、約10万の分子量をもつ3本のポリペプチド鎖らせんで構成されています。
しかし、今までのコラーゲンでは、からだに吸収されるには、分子量が大きすぎました。
そこで「低分子コラーゲンC」はより吸収率を高めるためにコラーゲン線維をタンパク質分解酵素により解き、
一本の線にしました。
さらに、その線を分解して低分子コラーゲンにしたのです。それによって吸収力がアップし、からだの各組織に
コラーゲンが行き届くのです。





冷却実験

低分子コラーゲンは一般のコラーゲン(高分子コラーゲン)と差異はありませんが、
高分子コラーゲンの場合、冷却するとゲル化(ゼリーのように固まった状態)します。
しかし低分子コラーゲンは冷却してもゲル化しないのです。






















低分子コ ラーゲンは、 一般のコ ラーゲン(高分子)は、

固まらな い  固まる


肌のハリ、潤いをアップ!

皮膚組織では水分以外の70%がコラーゲンです。真皮層(下図参照)で、
コラーゲン同士が互いに結びついて張り巡らした線維と線維の間にたっぷりと
水分を抱え込み、皮膚本来のハリと潤いを生み出します。







人間の体は・・・

60%・・・水分
16%・・・タンパク質(アミノ酸)※内コラーゲンは4割位

@ コラーゲンは・・・・体の中で接着剤・細胞を維持する為に必要

A コラーゲンには・・・型がある(19種類)
            当社は、複合型(T)を使用しており、組織に対応出来る

コラーゲンは年令と共に減少し、24歳から劣化していきます。
40歳をピークに減少の度合いが早くなります。男女共)


低分子コラーゲンの機能

@消化吸収の良い高純度タンパク質源

体内で吸収しやす い「ペプチド」とした
脂肪分を含まない 高純度天然タンパク質源です。

A消化管粘膜保護作用

動物実験におい て、ラットの粘膜を保護し、胃潰瘍の出血を防ぐことがわかりました。

B骨形成促進作用

骨を形成するタン パク源として期待されています。

C血圧上昇抑制作用

動物実験におい て、血圧上昇を抑制する傾向が得られています。

D美容促進効果

体内で吸収しやす い「ペプチド」とした脂肪分を含まない高純度天然タンパク質源です。


「低分子コラーゲンC」Q&A

Q1) コラーゲンとはどんなものか?

A1) コラーゲンとは、体を構成するタンパク質の約30%を占めるもので、細胞と細胞をつないでいる接着剤のような役割を果たしているものです。
   コラーゲンは、体の中の細胞が集まっているところ全てに存在します。例えば、皮膚・骨・関節・腱・血管壁・歯・髪の毛・内臓などです。ですからコラーゲン の合成能力が衰えると、体のあちこちに老化現象が現れます。コラーゲンの合成能力は20歳を基点として衰えますが、補給することによって取り戻せると、話 題になっています。
   その中でも豚由来のものは人工皮膚や心臓の人工弁にも使用され、より人間に近いと言われています。また、その他の動物性タンパク質を食べても体の中で合成 されますが、年齢と共にその合成能力が衰えます。毎日摂ることやカロリーのことも考えると、コラーゲンそのものを  抽出して精製したものを摂るのが一番 効率だと言えます。

Q1) コラーゲンを補給すると、どんな事が期待できるか?

A1) −お肌とコラーゲン−

   皮膚が老化してくると、シワやタルミ・シミなどが目立ってきます。お肌の潤いや弾力性を決定しているのは、表皮の下にある真皮という層です。この真皮の成 分の70%はコラーゲンなのです。コラーゲンの補給により、皮膚がみずみずしさを保ち、新陳代謝が活発になり、若々しい素肌を取り戻す事が可能なのです。

A1) −骨とコラーゲン−

   肌への効果ばかりが注目されているコラーゲンですが、実は「骨」にも大きく 関係しています。「カルシウムが不足すると骨がもろくなる」と言われていますが、コラーゲンが老化すると骨にカルシウムを繋げにくくなります。ひざや腰等 の関節の痛みも、コラーゲン不足が原因の一つと言われています。
   コラーゲンは骨の形成になくてはならないものです。骨からコラーゲンがなくなると、骨粗鬆症をひき起こす原因にもなります。
   骨は、建物に例えると、鉄筋にあたるのがコラーゲンで、セメントにあたるのがカルシウムと考えると分かり易いと思います。ですから、カルシウムだけを摂っ てもコラーゲンが不足していると、骨にカルシウムがくっつかないのです。

  −髪とコラーゲン−

  毛髪の根っこである毛根も真皮に根をおろしています。ですから真皮のコラーゲン
の新陳代謝が低下すると、十分な栄養がいき届かず、毛が抜けやすくなりダメージ
も出てきます。一般的に年をとるにつれて髪の毛は細くなり抜け易くなってきます
が、コラーゲンの十分な補給によってそうした髪の老化を遅らせる事が可能です。

  −血管とコラーゲン−

  血管の老化(硬化)は、あらゆる生活習慣病の原因になっていることは知られてい
ます。コラーゲンは繊維状をしています。それが血管壁を覆っていて、血管の強さ
と弾力を保っています。不足しているコラーゲンを補う事で、血管の硬化から起こ
る障害を避けることが出来ると言われています。

  その他にも、目や臓器などコラーゲンが存在するあらゆる部分への働きかけが期待できます。

Q3)低分子コラーゲンCには、副作用があるのか?

A1)低分子コラーゲンCは医薬品ではなく、食品です。副作用等の心配は、まずありません。

Q4)低分子コラーゲンCは薬や他の健康食品と併用してもいいのか?

A4)どちらも差し支えはありません。

Q5)朝・昼・晩 いつ飲むのか効果的か?

A5)いつでもかまいません。体の細胞が睡眠中に生まれ変わることを考慮すると、夕食時や就寝前など。また一日の活力源にしたい時は、朝食時などが効果的 だと思います。1回に半分ずつ、朝晩2回に分けて飲んでもかまいません。

Q6)低分子コラーゲンCの飲み方は?

A6) 〇そのまま飲む。

〇水・ジュース・コーヒー・その他の飲料水などに溶かして飲む。
〇ヨーグルト・味噌汁・スープ・あらゆるお料理に混ぜて飲む。

   〈その他〉

   「低分子コラーゲンC」は高純度(95%)のコラーゲンですので、飲むと同時に顔や体にご利用頂いてもかまいません。
   一般的な化粧品に使われる指定成分(パラペン等)、香料、着色料は一切使用しておりませんので、ご安心ください。
   化粧品のようにご使用になる場合は出来るだけ化粧水で溶かず、自然の水で溶いてご使用ください。(化粧品に混ぜると、無添加の状態で使用することに はなりません)少量の水で溶かすとジェル状になります。これをパックとしてご使用になることもお勧めです。(使用後は洗い流してください)

   〈参考までに〉

   コラーゲンは、ビタミンCと一緒に摂取することで、より効果を発揮します。そのため低分子コラーゲンCには天然ビタミンCが配合されているのです。 また100%オレンジジュース等、ビタミンCを豊富に含む飲み物に溶かして飲む事もお勧めです。

Q7)飲む量を多くすれば、効果も早まるのか?

A7)コラーゲンは飲みすぎて害になることはありませんが、一度にたくさん飲めばそ
れだけでいい、というものでもありません。一度に大量に摂るよりも、目安量  (1日に1〜2包)を毎日続ける事が大切です。

Q8)ダイエット中ですが、低分子コラーゲンCは太るのか?

A8)カロリーはゼロではありませんが、太る心配はありません。コラーゲンなどのタンパク質を摂取すると、体内で総摂取カロリーの30%が熱となって発散 され、脂肪という形で体に蓄積されることが少ないからです。